• ホーム
  • ヘルペスは再発することが高いので、しっかりと治療する

ヘルペスは再発することが高いので、しっかりと治療する

2019年11月17日
男性を診ている医者

性感染症のなかには、比較的治りやすく一度完治してしまえば再度かかってしまうことも少ない性病もあれば、治療しても完全に治しきることができず症状を抑制している状態で再発してしまうものもあります。性病のひとつであるヘルペスは、再発することが多いのでしっかりと治療しておくことが重要です。ヘルペスには単純疱疹と帯状疱疹があり、単純ヘルペスウイルスへの感染が単純疱疹を引き起こして口唇ヘルペスや性器ヘルペスとなりますが、水痘ウイルスに感染することによって帯状疱疹になるという違いがあります。ただし、どちらの場合も症状や治療方法はほとんど同じだということができるでしょう。

この性病は、感染者の症状が出ている部分と接触することによって感染します。性器のような粘膜以外にも胸やおしりといった場所にも移ってしまうため、注意しておく必要があるのです。感染経路はオーラルセックスによるものが多いですが、性器同士の接触なども感染経路となってしまいます。性病を患っているとわかればパートナーとは治るまで性行為を行わないなど、注意をしておく必要があるでしょう。

ヘルペスは男性も女性も似たような症状を引き起こします。初めて感染したときには患部の表面にむず痒さを感じるようになり、数日経過すると赤いブツブツや水ぶくれができます。それが破れて潰瘍ができると同時に、太もものリンパ節に腫れや痛みが見られることもあるのです。なんと1年以内に8割以上が再発すると言われており、過労や性行為時の刺激、ストレスなどによって再発することが多いと言えます。初めて感染したときと同じ場所以外にもおしりや太ももに症状があらわれることがあり、再発しないようにすることは難しいと言えます。

病気の原因となるウイルスを死滅させることはできないので、感染した場合は再発を抑える治療法を取り入れなければなりません。ゾビラックスを使用すれば、ヘルペスウイルスのDNA複製を阻害することでウイルスの増殖が抑えられるので、ゾビラックスを服用することで再発を抑えることができます。ゾビラックスは通販で購入することができるので、常備薬としても通販で購入することができるでしょう。

ただし、ゾビラックスを使用するのであれば、他の薬との飲み合わせに注意しなければなりません。たとえばノルバスクという薬がありますが、ノルバスクは血管拡張剤であり併用はおすすめできないでしょう。現在何か服用している薬があるというのであれば、医療機関を受診してその薬と一緒に飲んでも良いかということを確認したり、インターネットで併用禁忌の薬について調べたりすることが大切だと言えます。

ヘルペスは再発しやすい性病のひとつなので、しっかりと治療を続けることが大切です。常備薬としてゾビラックスを用意しておけば、継続して治療を続けていくことができるので、再発を避けやすくなります。もしも感染してしまった可能性がある場合は医師に相談したり検査を行ったりして、早く治療を進められるようにしてください。

関連記事
色々な細菌に効果があるジスロマックは通販でも購入可

性感染症を治療するための薬には様々な種類があるので、その病気に適切な治療薬を選んで購入しなければなりません。色々な性感染症に効果を発揮する薬として、ジスロマックを挙げることができます。これはマクロライド系の抗生物質で、病原である細菌がタンパク質を合成しようとするのを阻害して、菌が増殖することを防ぐと

2019年11月12日
淋病になる若者が昔より増えている

有名な性病のひとつに淋病がありますが、近頃この病気は若者に多く見られるようになっています。何故なら性風俗に従事する女性や、性風俗を利用する男性の数が増えているからです。近年では晩婚化が進んでおり、恋愛に興味を持たない若者が増えていると言われていることもあり、性風俗を利用する人は少ないと思う人も多いよ

2019年11月14日
カンジダ症の症状と治療法についてご紹介します

性感染症のひとつであるカンジダは、他の性病とは異なる性質を持っています。ほとんどの性感染症はコンドームなしの性交渉やオーラルセックス、アナルセックスなど、性行為による感染が多いです。しかしながら、カンジダは性行為以外に自己感染によって発症することがあります。性行為を行っていないからカンジダではないと

2019年11月09日