• ホーム
  • カンジダ症の症状と治療法についてご紹介します

カンジダ症の症状と治療法についてご紹介します

2019年11月09日
カプセルを持っている男性

性感染症のひとつであるカンジダは、他の性病とは異なる性質を持っています。ほとんどの性感染症はコンドームなしの性交渉やオーラルセックス、アナルセックスなど、性行為による感染が多いです。しかしながら、カンジダは性行為以外に自己感染によって発症することがあります。性行為を行っていないからカンジダではないと勘違いしてしまう人もいるのですが、性交渉をしなくても感染することがあるので注意してください。他とは異なる部分があるので、どのような性質や症状、治療法があるのかを知っておきましょう。

そもそもの原因となる病原菌は腸管や膣内などに常在していることがあるので、カンジダ菌を保有していてもおかしくありません。それが異常増殖を起こすことによって発病するのです。特に若者の女性に多いですが、免疫力低下やホルモンバランスの乱れ、ストレスや疲労など原因で発病します。若者に多いと言えますがピル服用によっても異常増殖を起こす可能性がありますし、妊娠して膣内環境が変わってしまった妊婦さんも発病することがあるのです。ピル服用などは女性だけが行うことなので関係ないと思っている男性もいるかもしれませんが、男性の場合は糖尿病やステロイド剤の投与などによって発症することもあるので注意してください。

男性が感染した場合は、亀頭に炎症が起こることで痒みやただれを引き起こし、赤くなったり白いカスが出たりすることもあります。亀頭に小さな水ぶくれができることや、稀に尿道炎を引き起こすこともあるのです。女性の場合は膣や外陰部に症状があらわれることが多く、痒みや炎症を引き起こします。ヨーグルト状のオリモノが増加したり排尿障害を生じたりすることもあり、自覚症状を持ちやすいでしょう。これらの自覚症状がある場合は性病であるかどうかの検査を行い、検査結果が陽性であれば治療を進めるようにしてください。

カンジダの症状にはエンペシドという治療薬が効きます。このエンペシドは抗生物質であり、病院で処方してもらうこともできれば、ドラッグストアで購入することも可能です。カンジダのような真菌によって発症する病気に効果的であり、抗生物質が作用することで菌の増殖を抑えることができます。エンペシドはクリームタイプもあれば膣カンジダに直接アプローチする膣錠もあります。女性の場合は膣錠の使用を検討してみても良いでしょう。

カンジダ症は免疫力低下や妊婦さんになることなど、性的な接触以外で自己感染することが非常に多い病気です。特に女性にその傾向が強いと言えるでしょう。カンジダ症は再発を繰り返しやすい性感染症のひとつであるため、感染に気づいたときはきちんと完治させることが重要だと言えます。些細なことであっても自覚症状があらわれた場合は、医療機関を受診したり検査を行ったりするようにしてください。そうすることで早期発見することができれば、素早く適切な治療を行うことができ、完治させることができるはずです。

関連記事
色々な細菌に効果があるジスロマックは通販でも購入可

性感染症を治療するための薬には様々な種類があるので、その病気に適切な治療薬を選んで購入しなければなりません。色々な性感染症に効果を発揮する薬として、ジスロマックを挙げることができます。これはマクロライド系の抗生物質で、病原である細菌がタンパク質を合成しようとするのを阻害して、菌が増殖することを防ぐと

2019年11月12日