• ホーム
  • カンジダ症の症状と治療法についてご紹介します

カンジダ症の症状と治療法についてご紹介します

2019年11月09日
カプセルを持っている男性

性感染症のひとつであるカンジダは、他の性病とは異なる性質を持っています。ほとんどの性感染症はコンドームなしの性交渉やオーラルセックス、アナルセックスなど、性行為による感染が多いです。しかしながら、カンジダは性行為以外に自己感染によって発症することがあります。性行為を行っていないからカンジダではないと勘違いしてしまう人もいるのですが、性交渉をしなくても感染することがあるので注意してください。他とは異なる部分があるので、どのような性質や症状、治療法があるのかを知っておきましょう。

そもそもの原因となる病原菌は腸管や膣内などに常在していることがあるので、カンジダ菌を保有していてもおかしくありません。それが異常増殖を起こすことによって発病するのです。特に若者の女性に多いですが、免疫力低下やホルモンバランスの乱れ、ストレスや疲労など原因で発病します。若者に多いと言えますがピル服用によっても異常増殖を起こす可能性がありますし、妊娠して膣内環境が変わってしまった妊婦さんも発病することがあるのです。ピル服用などは女性だけが行うことなので関係ないと思っている男性もいるかもしれませんが、男性の場合は糖尿病やステロイド剤の投与などによって発症することもあるので注意してください。

男性が感染した場合は、亀頭に炎症が起こることで痒みやただれを引き起こし、赤くなったり白いカスが出たりすることもあります。亀頭に小さな水ぶくれができることや、稀に尿道炎を引き起こすこともあるのです。女性の場合は膣や外陰部に症状があらわれることが多く、痒みや炎症を引き起こします。ヨーグルト状のオリモノが増加したり排尿障害を生じたりすることもあり、自覚症状を持ちやすいでしょう。これらの自覚症状がある場合は性病であるかどうかの検査を行い、検査結果が陽性であれば治療を進めるようにしてください。

カンジダの症状にはエンペシドという治療薬が効きます。このエンペシドは抗生物質であり、病院で処方してもらうこともできれば、ドラッグストアで購入することも可能です。カンジダのような真菌によって発症する病気に効果的であり、抗生物質が作用することで菌の増殖を抑えることができます。エンペシドはクリームタイプもあれば膣カンジダに直接アプローチする膣錠もあります。女性の場合は膣錠の使用を検討してみても良いでしょう。

カンジダ症は免疫力低下や妊婦さんになることなど、性的な接触以外で自己感染することが非常に多い病気です。特に女性にその傾向が強いと言えるでしょう。カンジダ症は再発を繰り返しやすい性感染症のひとつであるため、感染に気づいたときはきちんと完治させることが重要だと言えます。些細なことであっても自覚症状があらわれた場合は、医療機関を受診したり検査を行ったりするようにしてください。そうすることで早期発見することができれば、素早く適切な治療を行うことができ、完治させることができるはずです。

関連記事
性器部分にイボができたらコンジローマだと思ってください

性病はその種類によって様々な症状が引き起こされますが、性器部分にイボが確認された場合は、尖圭コンジローマの感染を疑ってください。これは低リスク型のヒトパピローマウイルスに感染することで発症する病気であり、子宮頸がんの原因となるウイルスと勘違いされやすいですが別物です。子宮頸がんの原因となるウイルスは

2020年04月18日
トリコモナス治療にはフラジールが有効

性感染症のなかには、ウイルスが原因ではなく原虫が原因である病気も存在し、トリコモナスがそのひとつだと言えます。トリコモナスは性行為によっても感染するので、コンドームを使用しない性行為やアナルセックス、オーラルセックスが感染経路となることがあります。しかしながら、性行為による感染がすべてではありません

2020年03月14日
HIVの感染したと思ったら直ぐに検査してください

性感染症に感染した可能性があるのであれば、早急に検査や治療を行わなければなりません。もちろんHIVがうつったかもしれないというときも、感染しているかどうかチェックをしなければならないでしょう。HIVは他の性感染症と同様の感染経路で、多くの場合はコンドームなしのセックスやオーラルセックス、アナルセック

2020年02月08日
色々な細菌に効果があるジスロマックは通販でも購入可

性感染症を治療するための薬には様々な種類があるので、その病気に適切な治療薬を選んで購入しなければなりません。色々な性感染症に効果を発揮する薬として、ジスロマックを挙げることができます。これはマクロライド系の抗生物質で、病原である細菌がタンパク質を合成しようとするのを阻害して、菌が増殖することを防ぐと

2019年11月12日
咽頭クラミジアに感染したら男女共に治療が必要

クラミジアは性器だけに感染するものではなく、のどに感染してしまうこともあります。他の性感染症と同様に感染経路は、コンドームなしのセックスやオーラルセックス、アナルセックスが挙げられますが、オーラルセックスを行ったときにのどに感染してしまうケースは少なくありません。男性の性器を口に含むことで、男性が保

2020年01月12日
クラミジアの検査は自宅でもできる

性感染症にかかってしまったかもしれないと感じたのであれば、本当に病気であるかどうかを確認し、一刻も早く治療を進めていかないと、病気の治りが遅くなってしまったり重症化してひどい症状を招いたりすることもあります。そうならないためにも、検査する必要がありますが、なかには性病が理由で病院に行くことに抵抗があ

2019年12月16日
ヘルペスは再発することが高いので、しっかりと治療する

性感染症のなかには、比較的治りやすく一度完治してしまえば再度かかってしまうことも少ない性病もあれば、治療しても完全に治しきることができず症状を抑制している状態で再発してしまうものもあります。性病のひとつであるヘルペスは、再発することが多いのでしっかりと治療しておくことが重要です。ヘルペスには単純疱疹

2019年11月17日
淋病になる若者が昔より増えている

有名な性病のひとつに淋病がありますが、近頃この病気は若者に多く見られるようになっています。何故なら性風俗に従事する女性や、性風俗を利用する男性の数が増えているからです。近年では晩婚化が進んでおり、恋愛に興味を持たない若者が増えていると言われていることもあり、性風俗を利用する人は少ないと思う人も多いよ

2019年11月14日