男性と説明している医者
多様な薬

様々な性感染症がありますが、クラミジアは最も一般的な性病であるとされています。日本国内のクラミジア患者数は40万人以上だと言われており、性感染症のなかで最も患者数が多いです。性器クラミジアは男性も女性も感染するおそれがある病気ですが、初期症状があっても気づかないという特徴を持っています。早期発見することができれば、早いうちに治療してしまうことができますが、初期症状での自覚が少ないため、感染していることに気づかず放置してしまう人は少なくないです。重症化してしまう前に医療機関を受診することができれば問題ありませんが、気づかずに重症化してしまうと女性は不妊になることがあるので大変危険だと言えます。

また感染経路は性行為だけじゃないという特徴がクラミジアにはあるのです。妊婦さんが患っている場合、完全に治療が終了していないのに出産を行うと、赤ちゃんが産道を通るときに病気に感染してしまう可能性があります。基本的な感染経路はコンドームなしでの性行為やオーラルセックス、アナルセックスによるものですが、性行為以外でも移ることがあると知っておかなければならないでしょう。ただし、感染している人とキスをしたり肌に触れたりするくらいでは、移ってしまうことはありません。傷がある場所に粘膜が触れたときなどに感染しますが、ただの接触程度は感染経路にならないでしょう。

性器クラミジアに感染したとき、男性であれば尿道に症状が出るということが特徴的であり、尿道にかゆみや不快感を覚えます。他にも排尿時に軽い痛みが生じたり、尿道から透明や乳白色の膿が出たりすることがありますが、これらは他の性感染症の症状と比較しても、かなり軽い症状だと言えるのです。初期症状が軽いので、病気に気づかないことも多いと言えるでしょう。

女性の場合は子宮の入り口に感染して炎症を起こすので、主にオリモノが増加したり生理以外で不正出血が起こったりします。他には下腹部に痛みを感じたり性行為時に痛みを感じたりすることがありますが、男性よりも更に自覚症状がないことが多く、なかなか感染に気づくことができない場合が多いです。痛みは病気だと疑うほどの強さではありませんし、オリモノも色にそれほど変化が起こるわけでもないので、自分で気づくことができなくてもおかしくないほどだと言うことができるでしょう。

男性の場合は重症化してしまうと尿道から前立腺へと菌が入り込んでしまい、前立腺炎になることがあります。女性の場合は卵管炎になってしまい、卵管が癒着することで不妊症になってしまうこともあるのです。自覚症状が少ないため見逃してしまう人は多いですが、早急に治療しなければ重症化してしまい、大変な思いをすることになるでしょう。性器の違和感やオリモノの異変などがある場合は、些細なことであったとしても病院へ行くようにしてください。早期発見することによって、症状が悪化することを防ぐことができます。

性器クラミジアは抗生物質を服用することによって治療し、ジスロマックと呼ばれる医薬品によって治療することも可能です。ジスロマックはマクロライド系抗生物質であり、病原菌のタンパク合成を阻害することによって抗菌作用を示します。ドラッグストアで市販されていませんが、病院や個人輸入代行サービスの通販サイトで入手することができるでしょう。性器カンジダに感染した疑いがあるのであれば、まずは性病検査を行い本当に病気であるかどうかをチェックしてみることが大切だと言えます。もしも陽性反応が出てしまった場合は、早急に治療を始めることで不妊症などの重症化が防げるようにしましょう。